注目の一冊

大学IRスタンダード指標集:教育質保証から財務まで
関東地区IR研究会監修/松田岳士、森雅生、桐生芳晴、姉川恭子編著(玉川大学出版部)

181109 大学IRスタンダード指標集

日本の大学のIR部門が収集するべき約130項目の指標を、教学・研究・財務経営の分野別にまとめた書籍である。それぞれの指標について、解説、活用例、算出方法、必要なデータが記述され、実際にデータを集めて活用するさいに適した構成となっている。指標ごとに参考文献が記されてすぐに確認できるほか、指標によっては、値の評価(高いほうが良いなど)、平均値、諸外国の値などが記載され、本書によって自学のデータをある程度まで評価することができる。和文では類書のないもので、日本におけるIRの普及と発展という観点から大変に意義深い。指標の設定も実際にIRの現場に携わる教職員の立場からなされていて、IR担当者の手元におく価値があると評価できる。(選定における「講評」より)【ISBN978-4-472-40539-6】

 

【解説】本セレクションは、各出版社から推薦されたものを年度末に選定委員会が審査して決定しています。著者ないしは編集者・出版組織が会員であることが条件。2017年度分として選定された5件について、6月から応募順に本欄で紹介しています。