注目の一冊

教養教育の再生

17林教養

(教育等を通じて「よき市民」として社会的に行動できる能力を陶冶するという理想は建前として空洞化している。) このことを認識したうえで、学生たちを覆っている社会からの離脱、「個人化」に対して、その社会化に向けて、彼らを「のっぴきならぬ現実に向かわせ」、自分たちのあり方、将来の社会のあり方を検討する、この作業によって教室が活性化すること──これが教養教育に課せられていることであるといえるのではないかと思います。(第4章「現代の学生たち」より)【ISBN978-4-7795-1140-0 C1037】