注目の一冊

新キャリア開発支援論:AI時代のキャリア自律に向けて

キャリア

今回の変化が特徴的なのは、これまで不可侵の領域あるいは遠い未来のことと思われてきた「思考」や「高度な判断」、一部の「創造」の領域にAIが急速に機能し始めたことで、増加するタスクより減少するタスクの方が多いのではないか? 減少するタスクの中に、これまで人間の尊厳と思われてきた領域が含まれるのではないか? といった曖昧な不安が拭えないことだ。……付加価値の出所に合わせて人材流動が進み、転職社会が今以上に常態となるであろう。(第3章:「基礎力(ジェネリックスキル)の育成とキャリア自律」より)【ISBN978-4-7619-2319-8 C3037】