Home >> 委員会・WG等 >> 一般社団法人大学教育学会 アーカイブズ委員会規程

一般社団法人大学教育学会 アーカイブズ委員会規程

(目的)

第1条 一般社団法人大学教育学会(以下、「本学会」という。)定款第4条(6)に基づく事業として、大学教育学会アーカイブズ(以下、「アーカイブズ」という。)を置き、本学会の活動記録を保存し、歴史資料として継承し、本学会の発展向上に寄与することを目的とする。

2 アーカイブズの管理運営を行うために、大学教育学会アーカイブズ委員会(以下、「アーカイブズ委員会」という。)を設置する。

 

(業務)

第2条 アーカイブズ委員会は、以下の資料について収集し、適切な保存、管理を行うとともに、その公開、調査研究につき方針を審議し、運営に当たる。

(1) 本学会関連刊行物(学会誌、大会および課題研究集会関連資料、ニュースレター、名簿、規程集、記念誌など)

(2) 調査関係文書(調査研究に関する報告書、調査関係資料など)

(3) 対外意見書(提出意見書など)

(4) 事務文書(会計関係文書、会議記録、人事関係文書など)

(5) 寄贈図書・資料等のうち将来に向けて保存・公開等に適すると考えられるもの

 

(アーカイブズ委員会の構成)

第3条 アーカイブズ委員会は、委員長1名、副委員長1名、委員3名程度、および本学会事務局長をもって組織する。

2 委員は、本学会員の中から、理事会の承認を経て、会長が委嘱する。

3 委員長および副委員長は委員の互選により選出し、会長が委嘱する。

4 委員長、副委員長、委員の任期は2年とし、任期の終了期限は、理事選挙年度の大会の終了時とする。ただし、再任を妨げない。

5 任期終了の後でも、後任の委員が選任されるまでは、なおその業務を行う。

 

(委員長、事務局長の職務)

第4条 委員長は、本委員会を代表し、その業務を総括する。

2 委員長に事故あるときは、副委員長がその職務を代行する。

3 事務局長は、アーカイブズの収集、整理、保存、公開の実務を担当する。その際、適当な作業従事者をアーカイブズ委員会の承認を経て選任することができる。

 

(アーカイブズ業務担当者)

第5条 アーカイブズの業務は、本学会事務局長に加えて以下の各号に掲げる者が行う。

(1) 本学会事務局員

(2) 本規程第4条第3項に定める作業従事者

2 前項各号に掲げる者をアーカイブズ業務担当者という。

 

(アーカイブズの利用)

第6条 本規程に定めるもののほか、アーカイブズの利用に関し必要な事項は、アーカイブズ委員会が別に定める。

 

(理事会による承認)

第7条 アーカイブズの収集、整理、保存、公開の方針については、アーカイブズ委員会の検討を踏まえ、理事会の承認を得るものとする。

 

(規程の改廃)

第8条 本規程の改廃は理事会で行う。

 

附 則

本規程は、2016年4月1日から施行する。