Home >> 学会誌 >> 最近号目次

最近号目次

大学教育学会誌は、「会員ページ」(正会員)で閲覧できます。

第41巻第1号(2019年7月発行)

〈巻頭言〉

 大学に求められる組織としての教育力

    ──国際社会にひらかれ,未来を創る大学の実現──………………………………橋本 健夫… 1

 

〈記念講演〉

 プラチナ社会の実現に向けて~未来創造拠点としての大学~

   ──2018年大学教育学会課題研究集会 記念講演 2018年12月1日──…小宮山 宏… 2

 

〈開催校企画シンポジウム〉

 高等教育機関における学生の多様性──障害学生支援の観点から──……………………近藤 武夫…10

 キャンパスの国際化及びカリキュラム編成の視点から………………………………………平田 純一…13

 国際社会で活躍する能力育成のための海外ビジネス研修……………………………………岩重 聡美…17

 小規模私立大学にとって国際化が意味するもの………………………………………………清水 明男…22

 キャンパスにおける学生の多様性へのまなざし:

    シンポジウムの趣旨と共通論点…………………………………………………………鳥居 朋子…27

 

〈課題研究シンポジウムⅠ〉

 現代のリベラルアーツとしての理数工系科目(STEM)の開発と教育実践のために

   …………………………………………………………………………………………………細川 敏幸…29

 STEM教育における文理融合の意味と課題:

  第4次産業革命とソサエティ5.0の観点から…………………………………………………山田 礼子…31

 STEM教育時代の英語とアメリカ………………………………………………………………宮本陽一郎…35

 UCバークレーでのサイエンスカリキュラム:化学科での実体験をもとに

……………………………………………………………………中村 優希…40

AAC&U STEM Meetingの報告…………………………………………………………………鈴木 久男…45

 

〈課題研究シンポジウムⅡ〉

 学生の思考を鍛えるライティング教育の充実に向けて……………………………………井下千以子…49

 初年次必修文章表現科目の成果と課題………………………………………………………大島 弥生…53

 ライティング教育における論題の役割………………………………………………………成瀬 尚志…57

 レポートに関する学習経験の職業的レリバンス……………………………………………小山  治…61

 井下及び大島報告へのコメント………………………………………………………………小笠原正明…66

 成瀬報告・小山報告に対する指定討論………………………………………………………杉谷祐美子…68

 

〈課題研究シンポジウムⅢ〉

 アクティブラーニングを支援する学生アドバイザーの制度・

    研修・効果に関する実証的研究…………………………………………………………堀井 祐介…71

 学生アシスタントに関する関西大学の事例と今後の課題……………………………………三浦 真琴…73

 福岡工業大学クラスサポーターの事例………………………………………………………… 宮本知加子…78

 金沢大学アクティブ・ラーニング・アドバイザーの事例……………………………………河内 真美…83

 

〈研究論文〉

 授業内の他者との関係に対する認識がアクティブラーニング型授業における外化に及ぼす影響

   …………………本田 周二・紺田 広明・三保 紀裕・山田 嘉徳・森  朋子・溝上 慎一…88

 日本人学生の留学経験は就労後の所得を高めるか──大学教育における留学の意義再考──

   …………………………………………………………………………………………………小林 元気…97

 大学におけるキャリア教育法制化の政策過程──「政策の窓」モデルの可能性──

   ………………………………………………………………………………………………宮田 弘一…107

 「新しい専門職」として大学で働き続けたいのは誰か──任期の有無と仕事満足度に着目して──

   ……………………………………………………二宮 祐・小山 治・浜島 幸司・児島 功和…117

 医療系大学学生の初年次における汎用的技能の個人差と関連する要因

   ──入学時の心理的特性および入学後の学習経験の影響──………………………澤田 忠幸…127

 

〈事例研究論文〉

 アクティブ・ラーニング型授業における学生による学修支援の効果

   ──金沢大学における受講生アンケート調査から──………………河内 真美・杉森 公一…137

 リアクションペーパーから見る学びの実態と思考を促す要因

   ──国立工科大学におけるキャリア科目を事例として──

   ………………………………………………菊池美由紀・須田 昂宏・丹下 悠史・村上 恭子…147

 大学職員はいかにして自発的な学びとその活用を

   職場で受容され得るものとするのか──大学院進学に着目して──………………中元  崇…157

 

〈書評〉

 絹川正吉著『リベラル・アーツの源流を訪ねて』(東信堂,2018年6月,252ページ)
                 …………………………………………………………松岡 信之…167

 濱名 篤著『学修成果への挑戦 地方大学からの教育改革』(東信堂,2018年9月,267ページ)
                 …………………………………………………………白川 優治…169

 

〈学会報告〉……………………………………………………………………………………………………171
〈編集後記〉……………………………………………………………………………………………………193