Home >> 学会誌 >> 最近号目次

最近号目次

大学教育学会誌は、「会員ページ」(正会員)で閲覧できます。

第38巻第2号(2016年11月発行)

目次

<巻頭言>

  • 目標が明確になればPDCAサイクルが回る……………………………………安岡 高志

 

<大学教育学会第38回大会 基調講演>

  • Waseda Vision 150による教育力向上へのチャレンジ……………………大野 髙裕

 

<第38回大会 シンポジウム>

  • シンポジウムの企画趣旨説明……………………………………………………鳥居 朋子
  • 大学における教育力の強化とマネジメントの確立……………………………吉武 博通
  • 教育力を高める内部質保証システムの課題と実践
    ―明治大学におけるIRと教学支援の現場から―………………………………山本 幸一
  • 組織内起業から全国普及へ
    ―日本のリーダーシップ教育の発展―…………………………………………日向野幹也
  • エビデンスに基づく高等教育開発………………………………………………佐藤 浩章
  • 「大学の教育力」をどうとらえていくのか
    ―指定討論者の立場より―………………………………………………………濱名  篤

 

<研究論文>

  • 学生参加による高等教育の質保証
    ―学生の役割に基づく理論的枠組みとボローニャ・プロセスの到達点―
     ………………………………………………………………………………………山田  勉
  • 教育・学修支援に求められる大学職員の資質・能力と専門性に関する探索的研究
     ………………………………………岡田 聡志・白川 優治・米田 奈穂・谷  奈穂
                    御手洗明佳・多田 伸生・奥田 聡子・竹内比呂也

 

<事例研究論文>

  • 授業評価や学習成果を高めるためのスライド型授業の検討…………………永井  智
  • 国際教育の学びの質保証
    ―本学の海外プログラムにおけるアセスメントと学習成果―……カッティング 美紀
  • ライティング・センターにおける文章作成支援の現状と課題
    ―学生アンケートの自由記述分析から―………渡  寛法・中島 宏治・佐渡島紗織

 

<ラウンドテーブル報告> 

  • 現代のリベラルアーツとしての理数工系科目(STEM)の開発と教育実践のために
     ………………………鈴木 久男・山田 礼子・林  哲介・高橋 哲也・細川 敏幸 
  • STEM教育改善とアクティブラーニング
     ………………………………………吉永契一郎・坪田 幸政・杉森 公一・斉藤  準
  • 課外活動支援の課題 ………………西垣 景太・小林 勝法・北  徹朗・松田 優一
  • これからの大学における教育・学修支援の専門性
     ………………………………………竹内比呂也・白川 優治・山崎 千鶴・井上 真琴
  • STEM教育で社会に生かせる科学的思考力を育めるか
     ………………………齋藤 芳子・安田淳一郎・堀  一成・黒田光太郎・千代 勝実
  • アクティブラーニングをFDのテーマにする際の課題
     ………………………………………………………久保田祐歌・土岐智賀子・杉原 真晃
  • 大学体育の成績評価を考える
     ………………………木内 敦詞・松元  剛・日野 克博・富川 理充・奈良 隆章
  • 学生FDとは何か―その原点と今後を考える―
     ………………………………………………………木野  茂・橋本  勝・梅村  修
  • 発達障害学生への学生支援・大学教育の役割
     ………………………青野  透・小川  勤・枝廣 和憲・吉武 清實・渡部 みさ
  • 教養教育の本流3……………………………………………………児玉 英明・居神  浩
  • 学生の目を輝かせる大学教育の可能性VIII
    ―「学ぶ責任」「教える責任」「支える責任」―……………………………高橋 真義
  • 学生の「学び」を質保証する三つのポリシー+アセスメント・ポリシーについて考える
     ………濱名  篤・林   透・川嶋太津夫・清水 栄子・藤木  清・芹澤 高斉

 

<書評>

  • 小笠原正明・安藤  厚・細川 敏幸編著
    『北大 教養教育のすべて―エクセレンスの共有を目指して―』
    (東進堂,2016年6月,262ページ)…………………………………………寺﨑 昌男
  • 小林 雅之・山田 礼子編著
    『大学のIR 意思決定支援のための情報収集と分析』
    (慶應義塾大学出版会,2016年4月,200ページ)…………………………池田 輝政
  • 深堀 聰子編著
    『アウトカムに基づく大学教育の質保証
     ―チューニングとアセスメントにみる世界の動向―』
    (東進堂,2015年6月,328ページ)…………………………………………林   透
  • 清水 栄子著
    『アカデミック・アドバイジング その専門性と実践
     ―日本の大学へのアメリカの示唆―』
    (東進堂,2015年11月,198ページ)………………………………………山﨑めぐみ

 

<学会報告>

 

<編集後記>