Home >> 学会誌 >> 最近号目次

最近号目次

大学教育学会誌は、「会員ページ」(正会員)で閲覧できます。

第37巻第2号(2015年11月発行)

目次

<巻頭言>

  • 大学教育改革を考える〜長崎大学における教育改革を振り返って〜………松坂 誠應

 

<大学教育学会第37回大会 基調講演>

  • 考えるとはどういうことか………………………………………………………立花  隆

 

<第37回大会公開シンポジウム「学生の育ちをみる」>

  • 趣旨説明 なぜ「学生の育ちをみる」なのか…………………………………山地 弘起
  • 「魅力ある人で組織を埋め尽くすこと」
    ―企業における若手社員の現状と大学に期待されていること―……………深澤 晶久
  • 学修成果の可視化から見える学生像……………………………………………溝上 慎一
  • 21世紀プログラムの中での学生の育ち  ………………………………………丸野 俊一
  • 大学での育ちをみることの意味…………………………………………………早川 信夫
  • 大学が保証すべき学びとは何か…………………………………………………深堀 聰子

 

<第37回大会 ラウンドテーブル>

  • 大学の教育改善のための学生参加の現状・課題と今後の方向性
     ……川上 忠重・上野 誠也・曽根 健吾・林   透・廣内 大輔・橋本  勝
  • チームで進める教育のススメ―学生の育ち,教職員の育ち―
     ……………………………………高村 麻実・本田 直也・近藤 伸彦・川崎 弘也
  • 学生の目を輝かせる大学教育の可能性Ⅶ
     ―学生の未来を創る大学のミッション―……………………………………高橋 真義
  • アクティブラーニング授業の構成〜学生の学び合いをどう活かすか〜
     ……………………山田 邦雅・土岐智賀子・長谷川詩織・安田淳一郎・長澤 多代
  • アクティブラーニングとしての反転学習1(研究編)
     ……………………………………………………森  朋子・三保 紀裕・岩﨑 千晶
  • アクティブラーニングとしての反転学習2(実践編)
     …………………………本田 周二・安部(小貫)有紀子・七田麻美子・竹中 喜一
  • 保健医療福祉系大学における教養教育の問題 (6)
     ―専門教育の危機と教養教育の意義―………………………………………志水  幸
  • 学生が考えるための主体的学びの2ndステージ
     …………………たなかよしこ・馬場眞知子・河住有希子・野崎 浩成・小山 義徳
  • 対話する学びのコミュニティを大学人はどのようにつくりだすのか
     ……………………………………池田 輝政・青山 佳代・黒田光太郎・秋山  優
  • FDを本当に進めるために何が今,求められているのか:
     FD義務化から8年,私とFDの昨日・今日・明日…………………………清水  亮
  • 大学教師の専門性およびその開発プログラム認証のための基準
     ……………………………………加藤かおり・杉原 真晃・川島 啓二・沖  裕貴
  • プレFDの現状からみえる課題と目指すべき方向性…………………………栗田佳代子
  • 一般教育の知的遺産を活かす (その7) ……………………………………志津木 敬
  • 教養教育の本流Ⅱ ………………阿部 勘一・長尾佳代子・林  哲介・児玉 英明
  • 発達障害学生への学生支援・大学教育の役割
     ……………………………………青野 透・山中 淑江・大島 啓利・岩田 淳子・
                        村松 健司・橋場  論・望月 由起
  • 学士課程教育における共通教育の質保証
    ―評価データの併用と質保証のマネジメント―
     ……………………山田 礼子・森  利枝・亀倉 正彦・斎藤 有吾・高野 篤子
  • ルーブリックの組織的導入と活用について
     ……………………藤木  清・川嶋太津夫・関田 一彦・芹澤 高斉・小林 至道
  • 体験工房:
     ミュージッキング&ライティングによる新しいコミュニケーション教育の可能性
     ……………………………………………………………………………………山地 弘起

 

<2014年課題研究集会 シンポジウムⅡ「FDの実践的課題解決のための重層的アプローチ」>

  • 啓蒙と自己組織化の間―指定討論にかえて―…………………………………田中 毎実

 

<研究論文> 

  • 初期「短期大学」の成立と展開に関する一考察
    ―関西学院長・神崎驥一と「関西四大学」の動向を中心に― ……………木田竜太郎
  • PBLの授業における学生の問題解決能力の変容に影響を与える学習プロセスの検討
    ―コースレベルの直接評価と間接評価の統合―
     ……………………………………………………斎藤 有吾・小野 和宏・松下 佳代
  • 講義型授業における学生の表出行動の内在的意味の解明 …………………須田 昂宏
  • 大学における教養教育の再構築に向けて ……………………満 都 拉・樋口  健

 

<事例研究>

  • 初年次アカデミック・ライティング授業の効果―早稲田大学商学部における調査―
     ……………………佐渡島紗織・宇都 伸之・坂本麻裕子・大野 真澄・渡  寛法
  • 学生参加型FDに関する学生の意識……………………………………………前田 裕介
  • ブラジルの高等教育における評価と質保証 ……………山口アンナ真美・塚原 修一

 

<書評>

  • 江原 武一著
    『大学は社会の希望か―大学改革の実態からその先を読む』
    (東進堂,2015年2月,192ページ)………………………………………上畠 洋佑
  • 松下 佳代・京都大学高等教育研究開発推進センター編著
    『ディープ・アクティブラーニング―大学授業を深化させるために』
    (勁草書房,2015年1月,274ページ)……………………………………河内 真美
  • 田口 真奈・出口 康夫・京都大学高等教育研究開発推進センター編著
    『未来の大学教員を育てる―京大文学部・プレFDの挑戦』
    (勁草書房,2013年3月,288ページ)……………………………………渡邉 浩一

 

<各大学における大学教育の改善改革状況>

  • 筑紫女学園大学における普段づかいの “CJ COMMONS”…………………竹山 優子
  • 徳島大学総合教育センターによる教育改革とFD……………………………吉田  博
  • 立命館大学の教学と教育開発の特徴 …………………………………………沖  裕貴

 

<学会報告>

 

<編集後記>