大会・課題研究集会

大学教育学会2016年度課題研究集会が無事終了いたしました

 
kadai2016_houkoku 12月3日(土)・4日(日)の2日間、千葉大学西千葉キャンパスにて開催されました大学教育学会2016年度課題研究集会は、400名近くの多数の方々にご参加をいただき、盛会のうちに全日程を終了いたしました。12月初頭の寒さが心配されましたが、天候にも恵まれ、多くの皆様をお迎えすることができました。 

 今回の課題研究集会では、「学生はいかに学んでいるのか」を統一テーマとして、基調講演に、国際基督教大学学務副学長の森本あんり先生をお迎えしました。森本先生には、「大学生の学びとこれからの教養教育」と題して、学生の大学での学びをどのように捉え、大学教育の意味をどのように考えるのかについて、国際基督教大学の取り組み、反知性主義の視点やアメリカの大学の歴史的事例などを交えながらたいへん含蓄深いお話をいただきました。

 開催校企画シンポジウムでは、「学び方・考え方の転換‐知識伝達をこえた大学教育と支援」と題し、企画委員長の沖清豪先生(早稲田大学)の司会のもと、鈴木宏昭先生(青山学院大学)には認知科学の視点から、中井俊樹先生(愛媛大学)にはアクティブラーニングの観点から、竹内比呂也先生(千葉大学)には学修支援の観点から、大学教育のとらえ方に問題提起をいただき、その上で、パネルディスカッションが行われました。森本先生にコメンテータをお願いし、基調講演と合わせて、大学教育のあり方、学生の学びのあり方を再考する機会になりました。

 2日目は、課題研究シンポジウムとして「アクティブラーニングの効果検証」、「発達障害学生への学生支援・大学教育の役割」の二つが行われるとともに、STEM教育シンポジウムとして、「現代のリベラルアーツとしての理数工系科目(STEM)の開発と教育実践のために」という学会主催企画も開催されました。各シンポジウムでは、大学教育の現代的かつ実践的課題について、研究と実践の成果に基づいた議論が行われました。また、昨年度の課題研究集会から実施しているポスターセッション(1日目に実施)では、19件の発表があり、会員同士の活発な研究交流も行われました。

 改めて今回の課題研究集会を振り返る時、400名に近い参加者と共に、これからの大学教育のあり方について実りある議論が幅広い観点から交わされ、全体としては大成功であったととらえております。しかし、会場の制約や案内などには不手際もあり、参加された皆様にご不便をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。

 今回の課題研究集会開催にあたり、会員・参加者の皆様、出展・広告掲載企業の皆様、理事会の皆様、企画委員会・実行委員会の皆様、千葉大学の関係者の皆様方に多大なるご協力とご支援をいただいたことをここに感謝申し上げます。

2016年度課題研究集会実行委員長  千葉大学 小澤弘明