大会・課題研究集会

大学教育学会2017年度課題研究集会が無事終了いたしました

 12月2日(土)・3日(日)の2日間、関西国際大学尼崎キャンパスにて大学教育学会2017年度課題研究集会が開催されました。天候にも恵まれ、両日で300名以上の多数の方々にご参加をいただき、盛会のうちに全日程を終了することができました。

 今回の課題研究集会では、「大学教育は“役に立つ”のか」を統一テーマといたしました。まず、基調講演では、独立行政法人 労働政策研究・研修機構 特任フェローの小杉礼子先生をお迎えし、「職業キャリアの変化と大学の役割」と題して、統計データにもとづく大卒者のキャリア変化、第4次産業革命における労働者に必要とされる能力や働き方への影響、さらに、大学教育に期待される役割について、お話しいただきました。

 開催校企画シンポジウムでは、統一テーマに沿い、企画委員の深澤晶久会員(実践女子大学)の司会のもと、遠藤勝裕理事長(独立行政法人日本学生支援機構)には、企業・社会が求める人材像について、上村和美会員(関西国際大学)には、大学教育と産業界との連携構築に向けた実践例について、また、松村直樹会員(株式会社リアセック)には、キャリア教育研究の視点にもとづく大学と社会との橋渡しについて、それぞれ話題提供していただきました。さらに、スーザン・アルバティーン先生(全米大学・カレッジ協会(AAC&U)、大阪大学)には、米国大学の状況について、コメントをいただきました。さらに、講演者の小杉先生にも加わっていただき、パネルディスカッションを行いました。社会の変革の速度が速まる中で、教育や評価に関する大学と企業との対話がますます重要になることが浮き彫りになりました。

 2日目は、課題研究シンポジウムとして「アクティブラーニングの効果検証――プロジェクト最終年を迎えて」、および「現代のリベラルアーツとしての理数工系科目(STEM)の開発と教育実践のために」の二つが開催されました。それぞれのシンポジウムでは、大学教育の実践的課題について研究成果を踏まえた議論が行われました。  また、今回で3回目となりますポスター・セッション(1日目に実施)では、26件の発表があり、会員同士の交流も行われました。さらに、今年度試行的に実施されたインタラクティブ・セッション(2日目に実施)では、4件の発表があり、参加者にも積極的に参画していただきました。

 2日間を通して、会員のみなさまをはじめ、多くの方々に参加をいただき、大学教育に関するまさに喫緊の課題について充実した議論が交わされました。会場の制約や不慣れな案内により、皆様にご不便をおかけしましたこと、開催校としてお詫び申し上げます。  最後に、今回の課題研究集会開催にあたり、会員・参加者の皆様、出展・広告掲載企業の皆様、理事会の皆様、企画委員会・実行委員会の皆様、関西国際大学の関係者に多大なるご協力とご支援をいただいたことをここに感謝申し上げます。

2017年度課題研究集会実行委員長  関西国際大学 藤木 清

大会関連のデータは以下の通りです。

1)大会参加者 337名(事前登録当日欠席10名)
2)事前登録者 230名(一般224名、学生6名)
3)当日参加者 107名(一般89名、学生18名)
4)情報交換会参加者数 127名
5)ポスターセッション数 26件
6)インタラクティブ・セッション数 4件