大会・課題研究集会

大学教育学会第39回大会(広島大会)が無事終了いたしました

39taikai 6月10日(土)11日(日)の2日間、広島大学東広島キャンパスにて開催された大学教育学会第39回大会は、多数の方にご参加いただき、盛会のうちに全日程を終了しました。中国地方では6月7日に梅雨入りし、大会2日目のお昼は急に雨になりましたが、それ以外には天気が崩れることもなく、無事終えることができました。
 統一テーマとして「教養教育の再考」が掲げられ、社会状況や大学の環境が大きく変化する中、学士課程教育の中に取り込まれた教養教育のあり方について改めて議論されました。基調講演は、名古屋大学名誉教授の池内了先生から「大学と社会−教養教育に期待すること−」と題して、大学の使命の見直しと、教養教育として何が必要なのかについてお話をいただきました。シンポジウムでは「危機に立つ教養教育−大綱化後四半世紀の課題と将来—」と題して、市民性教育の観点、数理科学教育の観点、および平和教育の観点からご報告いただき、教養教育のあり方について議論が交わされました。また、ラウンドテーブルと自由研究発表では、熱のこもった議論が行われました。
 東広島キャンパスは交通の便が悪いうえ、食堂なども近隣に少なく、皆様にはご不便をおかけしたのではないかと思います。また、慣れない運営で不手際な点も多々ありましたこと、皆様には深くお詫び申し上げます。
 大会開催にあたり、会員の皆様をはじめ、企業の皆様、理事・代議員の皆様、企画委員の皆様、実行委員の皆様、そして前開催校の立命館大学関係者の皆様方に多大なるご協力とご支援をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

大会実行委員会委員長 宮谷真人

なお、参加者の状況は以下に示すとおりです。

1)大会参加者総数 638名
  事前申込参加者   380名(一般358名・当日欠席4名、学生22名)
  当日参加者         258名(一般250名、学生8名)
2)情報交換会参加者  201名(事前申込152名、当日49名)
3)ラウンドテーブル数 14件(参加者総数451名)
4)自由研究発表件数  104件(キャンセル数:0件〔ニューズレター掲載以降0件、要旨集録掲載以 降0件〕)