トピック

教養教育に関するシンポジウムのご案内

教養教育に関するシンポジウムのご案内です。
詳細については下記をご参照ください。〔ポスター

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   早稲田大学 大学総合研究センター 主催シンポジウム
   *高年次教養教育の試みとその成果*

■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日時 2019年 11月 25日(月) 13:30-17:30 (開場13:00-)

■場所 早稲田大学 早稲田キャンパス 26号館地下B104

■概要
13:30-13:40  趣旨説明 
          吉田 文 教授(早稲田大学 大学総合研究センター副所長)

13:40-14:30 「高度教養教育の成果と課題:大阪大学の事例」
          小林 傳司(大阪大学)

14:30-15:20 「専門家のためのリベラルアーツ~後期教養教育の試みと市民性教育」
         藤垣 裕子(東京大学)

15:20-15:30 <休 憩>

15:30-16:20 「岡山大学における高年次教養教育の実施について」
         佐々木 健二(岡山大学)

16:20-16:30 <休 憩>

16:30-17:20 <パネルディスカッション>

17:20-17:30 <総括・閉会>

司会 姉川恭子(早稲田大学 大学総合研究センター 講師)

■趣旨
  1990年代の後半から2000年代に至り、教養教育(liberal education)
の復権は世界的な動向となっている。それはこれまで専門教育のみで構成
されてきた高等教育システムをもつ社会で、様々な形態で教養教育(liberal
education)を導入するところが増加していることに表れている。専門教
育主体の高等教育に一般教育・教養教育を世界に先駆けて導入した日本は、
1991年の大綱化後、その縮減をみたが、近年新たな萌芽を見ることができ
る。
それが学部高年次や大学院における教養教育である。これらが、今後の
日本の大学教育を構成する要素となり得るのか、また、学生の学習の幅の
拡大という目的がどのように達成されているのか、先進的な取り組みを行っ
ている東京大学、大阪大学、岡山大学の事例についてご報告いただくとと
もに、日本における今後の教養教育のあり方について検討することを本シン
ポジウムの狙いとする。

■対象 大学のカリキュラムや教養教育にかかわる高等教育関係者

■参加費 無料

■申込 下記フォームからお申込ください
https://protect2.fireeye.com/v1/url?k=b4b5084c-e8273f9f-b4b1dba5-0025908791f8-
26c6c391cd9eb6b8&q=1&e=f632d4ba-80ef-4bae-8e0d-9a7912d7868c&u=https%3A%2F%2Fbi
t.ly%2F2oVuDg3

■詳細HP https://www.waseda.jp/inst/ches/news/2019/10/04/2649/
<https://www.waseda.jp/inst/wavoc/news/2019/10/28/4926/>

■主催・問合せ
早稲田大学 大学総合研究センター
Email: ches-staff@list.waseda.jp

共催
日本学術振興会 科学研究費基盤研究(B)
「大学における教養教育と専門教育の葛藤解決の方策に関する研究:日・欧・
米の比較(課題番号19H01645 /研究代表者 吉田文)