注目の一冊

学修成果への挑戦:地方大学からの教育改革
濱名篤著(東信堂、2018年刊)

JACUE2020③ 学修成果への挑戦

著者自身が牽引してきた学士課程における学修成果を核にした教学マネジメントについて、私学経営者としての経験を踏まえて明確に述べられている。日本の学士課程教育の本質的課題を見据えて、その充実を願う熱意が読み取れる。これまでの論稿や講演記録を再構成したもので、今後、高等教育研究を志す者や、大学教職員が自らの大学改革を検討する際に、近年の高等教育政策の動向を知る上で有益な書である。(審査員評から一部抜粋) 【ISBN978-4-7989-1520-3 C3037】

【解説】本セレクションは、各出版社から推薦されたものを年度末に選定委員会が審査して決定しています。著者ないしは編集者・出版組織が会員であることが条件。本年度分として選定された5件について、応募順に本欄で紹介しています。