注目の一冊

2040年 大学教育の展望:21世紀型学習成果をベースに
山田礼子著(東信堂、2019年刊)

JACUE2020③ 大学教育の展望(山田)

ここ20年の社会変革を背景とした大学教育の改革のプロセスを俯瞰的視野と具体性の双方の視点をもって丁寧に記述するとともに,知識基盤社会に向けた今後の20年の大学の在り方について明確な方向性を提示するものである。21世紀型スキルや汎用的能力などのグローバル・コンピテンシー習得につながるカリキュラムや教授法の工夫、国際比較も含む国レベルの教育政策から各大学の学修成果を基盤とした教学マネジメントなど多様。若手の学会員が研究課題を探索する際などに、参考とすべき素材がちりばめられている。 (審査員評から一部抜粋) 【ISBN978-4-7989-1571-5 C3037】

【解説】本セレクションは、各出版社から推薦されたものを年度末に選定委員会が審査して決定しています。著者ないしは編集者・出版組織が会員であることが条件。本年度分として選定された5件について、応募順に本欄で紹介しています。