大会・課題研究集会

大学教育学会2020年度課題研究集会(早稲田大学)オンライン開催

2020年度大学教育学会課題研究集会は、11月28日(土)、11月29日(日)両日、オンラインで開催いたします。

統一テーマ:今、学生支援で何を問うべきか:廣中レポートの20年を踏まえて

主催:一般社団法人 大学教育学会
共催:早稲田大学 大学総合研究センター
期日:2020年11月28日(土)~11月29日(日)
形式:オンライン開催(全スケジュール)

プログラム

【基調講演】
  演題:「学生相談・学生支援の 20 年 ~実践と組織化を支える理念~」
  講師:齋藤 憲司氏(東京工業大学教授・日本学生相談学会前理事長)
【開催校シンポジウム】
  テーマ:「今、学生支援で何を問うべきか:廣中レポート後の新たな課題から」
【課題研究シンポジウムI】
  「学生の思考を鍛えるライティング教育の課題と展望」
【課題研究シンポジウムII】
  「大学教育における質的研究の可能性」
【課題研究シンポジウムIII】
   「学修成果アセスメント・ツール活用支援を通したエキスパート・ジャッジメントの涵養と大学組織の変容 - 実践的研究の成果と課題」
【課題研究シンポジウムIV】
  「アクティブラーニングを支援する学生アドバイザーの制度・研修・効果に関する実証的研究」

*日程・プログラムの時間等詳細は、学会ニュースレターNo.115でご確認ください。